忍者ブログ
>>HOME

ブログ 美術館だより

[1]  [2
2018/07/21 (Sat) [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

birthday.jpg今日は今井の97回目の誕生日です。「死ぬのをやめた」と言いながら、数年後に亡くなったのが5年前。もうすぐ92歳になるという時でした。
ひ孫をモチーフにこの絵を描いたのは11年前のこと。その後もひ孫は増え続け…現在17人!(ちなみに子供は4人、孫は13人おります)

PR
2007/01/08 (Mon) 新春旅に在り
 ふるさとは吹雪だというのに、ここ長崎はポカポカとした日がつづく。
 大輪の真紅の山茶花が陽に輝いて、港町を取り巻く山々は少しばかり夏山とは違った、くすんだ色に変わっただけで、紅葉万山を包むなどという景観はついぞ見ることも出来ない。
 まして白雪の山なみに心をさされるような季節感というものをここでは感じ得ない。
 私は終戦後十五回、何はともあれ元旦の雑煮は、山家で祝った。
 ゆく年も迎える年も、私にはなんのかんばせもなかったけれど、そうしなければならぬもののように一人ぎめに元旦は、わが家に在って山妻の乏しい中での手料理に腹をふくらませて、こたつでのうのうと新しい年の最初の日をば迎えたのだが。
 しかしふり返ってみるまでもなく、まるで宿命のように近年、年の暮れをば山家に居付いてはいないようだ。いつでもすべり込みの態たらくで、よくて三十日、どうかすると三十一日という大晦日に大ていは東京から舞い戻るのを通例とした。
 それが昨年になると、三十日にこの長崎を発って、大晦日に上野からの夜汽車にのり、元旦の朝にわが山家にたどりつくという仕儀を演ずるようになった。
          (中略)
 昨年は二月以来長崎に在り、十月の一か月だけ東京と、そして山家ですごして、ここ長崎で宿屋住いで一年をすごしてしまった。街にジングルベルがなり、大売り出しの旗のなびくもとに人々は沢山の荷物を抱えて走り廻るというのに、家庭と絶縁している旅人の私には、父として、夫として、主人としてなんの仕事もありようがなかった。
 まるで別世界の男のようにキャンバスに絵具をぬたくっておれば港に灯はともるのである。
 今年もまた、三百六十五日、宿のめしを、山家の妻ならば眼をみはるような南国の据膳を、なんの表情も浮かべずに食べるのであろうか。(長崎市にて)

   ―――今井繁三郎随筆集「雑言」より(荘内日報1961年1月)
2006/12/13 (Wed) 今井のこだわり

今井は大変筆まめな人でした。どなたかにお世話になった時、品物を戴いた時等、お礼状は欠かさず出していました。
若い頃に美術雑誌の編集の仕事をしていたこともあり、文を書くのはお手のもの。すらすらとあっという間に書き上げてしまいます。その字はあまりに“達筆”過ぎて、判読できないことも…。郵便屋さんもさぞや大変だったことでしょう。
年に数回開かれていた個展の案内状は印刷でしたが、表の宛名は全て手書きに徹していました(その度に家族も手伝わされました)。「絵を描かなければ!」「絵を運ぶ手配をしなければ!」「あれもこれも…!!」そんな状態でやっているので、本人のイライラは募るばかり。家族としては何故にそこまでして…と思いましたが、それも今井のこだわり、いえ、精一杯の誠意だったのかもしれません。
そんなわけで、毎年の年賀状書き(表裏全て手書き!)は大変でした。その数約500枚!!ハガキに2~3色の絵の具を数滴たらし、二枚合わせ。そっとはがして、ストーブの周りに並べ、乾いたら「頌春」の文字を一枚一枚書き込んで行きます。
年末になると今でも、歌留多のように並んだ年賀状の中でしかめっ面をしている姿が目に浮かびます。

プロフィール
今井繁三郎美術収蔵館の管理人
美術収蔵館の周辺での出来事などをお便りしていきます。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]