忍者ブログ
>>HOME

ブログ 美術館だより

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2018/10/23 (Tue) [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/06/14 (Mon) 臨時休館のお知らせ
6月19日(土)『今井美術館の集い』のため、

臨時休館いたします。

ご了承下さい。



※『今井繁三郎画伯を語る会』は、今年から『今井美術館の集い』に
 名称が変わりました。
PR
2010/04/18 (Sun) 世寸をご存じですか
鶴岡に、世寸という情報誌があります
2月に21号目が発刊されました
今回は「鶴岡の赤」ということで
鶴岡の美しさ、素晴らしさを再認識しました

そして、今号の「鶴岡文化人志伝」において
当館の館長である「齋藤木草」が
取り上げられました

父である今井繁三郎のこと
この美術館の在り方や今井の遺志まで
丁寧に取材・編集していただきました






また、わたくしごとですが
今回の世寸で紹介されていた
庄内金魚が気になって仕方がありませんでした
是非飼ってみたい!
でも金魚はすでに10匹もいるし…
と思っていましたら
なんと我が家の金魚のうち
2匹が庄内金魚でした
大切に飼っておりますが
ますます大事に飼いたいと思います

冬期(12月~3月)は雪のため休館しておりましたが、2010年4月1日より開館しております。

みなさまのお越しをお待ちしております。

この度、お客様のご応募により
今井繁三郎美術収蔵館が
「鶴岡市ふるさと景観資源」に登録されました。

外部リンク:鶴岡市ホームページ「平成21年度ふるさと景観資源」


お客様からは「隠れたる異次元美術館」とも言われております


12月から3月まで冬季休館になりますが、
4月春になりましたら、是非いらしてください。

原科成美銅版画展

会場:今井繁三郎美術収蔵館
会期:2009年9月19日(土)~9月23日(水)
開館時間:10:00~17:00
※会期中は休館日はありません。
※入館にあたって維持管理協力金としてお一人300円をお願いしております。


-原科成美氏プロフィール-
個展
1986年 テオレマギャラリー(イタリア・フィレンツェ市)
1987年 ラスピラーレギャラリー(イタリア・プラト市)
1989年 リタギャラリー(イタリア・ミラノ市)
      イル・ビゾンテギャラリー(イタリア・フィレンツェ市)
1990年 文芸春秋画廊(東京 銀座)
1992年 アボカギャラリー(オーストラリア・ゴスフォード市)
1993年 イル・ビゾンテギャラリー
1995年 ふれあいギャラリー(山形県鶴岡市)
1996年 イル・ビゾンテギャラリー
      ラファエロ生家記念美術館(イタリア・ウルビーノ市)
1997年 マンドラリスカ美術館(イタリア・シチリア州)
1999年 イル・ビゾンテギャラリー
      ナショナルギャラリー(アフリカ・ガーナ市)
2000年 サンカテリーナ聖堂(イタリア・シチリア州)
2002年 チェリベッリギャラリー(イタリア・ベルガモ市)
2003年 致道博物館(山形県鶴岡市)
2006年 日本橋 三越コミュニティサロン(東京)
2006年 アートフォーラム(山形県鶴岡市)
2007年 現代版画ビエンナーレ展 (イタリア パレルモ)
2007年 現代版画家10人展  (イタリア トレント)  トレンティーノ宮殿に於いて
2008年 ソーロスカルタ 3人展 (イタリア トレッツ オスルアッダ) トレッツオ城に於いて

収蔵
ウフィツイ美術館(イタリア・フィレンツェ市)
マンドラリスカ美術館(イタリア・シチリア州)
ビゾンテ国際版画学校(イタリア・フィレンツェ市)
ガレリア チェリベッリ(イタリア・ベルガモ市)

プロフィール
1947年 茨城県土浦市に生れる
1969年 武蔵野美術大学卒業
      ブレラ国立美術大学留学(イタリア・ミラノ市)
1970年 パリ国立美術学校留学
      滞在中、銅版画カラーメゾチントの技法を取得
      ル・サロン出品、入賞後ニースの国際美術展に招待出品、 プレミアの賞金を獲得
1975年 帰国後、東京都江戸川区にアトリエを構える
1997年 江戸川区文化功績賞受賞
現在   イル・ビゾンテ国際グラフィックアート専門学校客員教授
      聖徳大学講師
プロフィール
今井繁三郎美術収蔵館の管理人
美術収蔵館の周辺での出来事などをお便りしていきます。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]