忍者ブログ
>>HOME

ブログ 美術館だより

[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
2017/09/24 (Sun) [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

H2年開館から17年になります。
世界中を歩いた今井なりの美術館へのポリシー、ジャンルを問わない豊かな絵と共に収集した楽しいコレクションの数々が展示されているのですが、道不案内、少々足元不便であろうと意に介さず、見に来たい人が来てくれればそれでよい、が今井の言葉でした。長い間の口伝えで時折訪れる遠路よりのお客様が、迷いながらたどりついて、それでも「この美術館のあり方がいい。こんな感動を与えてくれる絵に出会えて、充分目的を果たせました」。
そんな中で、NHK教育テレビの新日曜美術館放映後は、山形県はどこにあるんだろうと地図を広げた方も多かった筈。よくぞ長い間造り変えようともしない、畑と林のアプローチの中を日本国中色々な方々がいらっして下さったものと思います。
そして秋には、やまがた景観賞の中で最高賞の県知事賞を頂いたのです。この美術館を写真で応募して下さったお客様がいたのでした。
17年間の色々なことは、また次にお話をしたいと考えています。
散策も含み、いつのまにか時が流れてゆくようだというお客様の言葉です。どうぞたっぷりの時間を用意していらっして下さい。お待ちいたしております。

                                館長 齋藤木草

2階

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
今井繁三郎美術収蔵館の管理人
美術収蔵館の周辺での出来事などをお便りしていきます。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]